ブログ

【コーディネーション教室!!】

1/20(月)白山台小学校体育館にてコーディネーション教室を行いました

先週に引き続きチャレンジカードなしでトレーニングを主に行いました

まずアップとしてコーン倒しゲームをやりました

このゲームは2つのチームに分かれて片方のチームがコーンを倒す、もう片方のチームがコーンを起こして1分たった時点でコーンが倒れている個数とコーンが立っている個数がどちらが多いか勝負するゲームです。

__

↑コーン倒しゲーム中の写真

これはアップとして走るだけではなく視野を広く保ち状況判断する能力の向上も期待されるゲームです。特にバスケットやサッカーなどの練習メニューにも取り入れられることが多いトレーニングメニューです。

 

体が温まったところで次に、二人一組の体全部を使うトレーニングをしました

 

_2

二人一組で一人はうつ伏せになり30秒の間でもう一人がひっくり返すというトレーニングです。

これはうつ伏せの人は体のいろんな所に力をいれ、ひっくり返されないようにするのですがなかなか難しいものですどうすればひっくり返されないかどうすればひっくり返すことができるか子どもたちは試行錯誤して頑張っていました

ある子は足のほうから頑張ったり、ある子は同じ方向からずっと力を入れてていきなり逆方向から力を入れたりと様々なアイディアがあり関心しました

だめだったら違うことをするといった打開できる能力だったり、頭の柔らかさはとても大切なのでこういったトレーニングで鍛えていきましょう

次に二人一組のまま大根抜きゲームをしました

 

5

4

画像でもわかる通り片方の足を持ち、一人は引っ張る、もう一人は引っ張られないよう耐えるというトレーニングで、これもいろんなアイディアをだし頑張っていました

残ってる足と両腕をうまくつかえてる子は20秒耐えることができ喜んでいました素晴らしいです

 

次にダッシュ、敏捷性向上のトレーニングを行いました

コーンを縦に3つに並べステップでかわしコーンを倒すトレーニングで、4チームにわかれ競争形式にしました

 

7

 

8

 

_6

競争にする事でみんな全力でトレーニングをしていて良かったと思います

 

次にフラフープを使い、反応、敏捷、ワーキングメモリのトレーニングをしました

10

画像のようにフープを並べ、コーチが色を言ったら素早くその色のフープにはいり素早く白に戻るというトレーニングです

赤だったらジャンプ、黄色は床タッチ、緑はつま先タッチジャンプ等の条件をつけ行うことによりワーキングメモリ(作業記憶)能力向上の効果もプラスしました

後半ではテンポをはやめ、つま先タッチしている最中に次の色を言ったりし、行動しながら次の作業を記憶するワーキングメモリ能力の向上を意識してトレーニング指導しました

子どもたちは「コーチ早すぎ」と少し怒っていましたが頑張ってトレーニングしていたのでとても良かったです

_9

_11

↑反射、敏捷、ワーキングメモリトレーニング中の画像

最後はみんなが大好き鬼ごっこをやりました

罰ゲーム付きでやったので鬼から必死で走りまわって逃げていました

コーチも最後一緒に参加したのですが1回やっただけでもクタクタでした

 

次回のコーディネーション教室は1/27(月)16:00~17:30白山台小学校体育館で行います

インフルエンザが流行り出しているようなので手洗いうがいをしっかりやりましょうまた元気にきてください

 

【コーディネーション担当:としコーチ】